有効求人倍率が当てにならない理由その3


Category - 企業向け, 求職者向け Comment : 0

皆様お待たせしましたスタッフィーです。
さて数回に渡ってお送りした有効求人倍率ですが、今回で最後になります。早速行ってみましょう。

当てにならない理由その③「1人の募集に対して複数の求人を出す場合があるから」
これは企業側の話になるのですが、任せたい業務は沢山あるが、後1人いれば既存の従業員と回して何とかやっていける。となった場合、本当は1人の募集なのに複数の求人を出す場合があります。
複数出したほうが求職者の目にも止まりやすいですし、パソコン等で検索した時も引っかかりやすいです。

もちろん出している求人全てにその人数づつ必要な場合もありますので、募集求人が多いからそれに該当するというわけではありませんので・・・・

ここまでをまとめると、有効求人倍率は
『ハローワークに出している求人のみで、ハローワークに登録している求職者を基に算出して、求職者、企業の希望は考慮されておらず、求人の数だけ採用するかわからない値からの数字』
となります。

また、そこまで大きい要因ではありませんが、この他にも当てにならない要因は複数あります。
興味ある方は調べてみて下さい。

ですが、これはあくまで有効求人倍率の値を顕著に評価した場合です。
冒頭にお話した通り、2017年2月には山陰両県とも1.6倍を越えていますが、この値を求職者一人に対して1.6個の求人があると評価してはダメなのです。

簡単に言ってしまうと「何だかわからない通知が1.6倍になった」と考えたほうがいいです。
それに伴い、これまでは何倍だったのかも重要です。
数ヶ月の内に1.6倍が0.9倍になれば景気が悪く逆であれば景気が回復したといえます。

また、有効求人倍率があがると少なからず求人業界が盛り上がっているといえます。
求職者、企業共にその数字どおりにはならないにしても有効求人倍率が低い時より、高い時に求人を出したほうが効果は高いでしょう。
以上になります。
尚、あくまで私スタッフィーの見解ですので100%合っているとは限りません。あしからず

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です