求人情報誌スタッフ09月15日号・スタッフウェブ求人情報を更新!

「松江版」、「出雲・大田版」の求人情報を更新しました。

最新の求人情報はこちらから!

求人情報誌スタッフ09月08日号・スタッフウェブ求人情報を更新!

「松江版」、「出雲・大田版」、「江津・浜田・益田版」の求人情報を更新しました。

最新の求人情報はこちらから!

ダイエット講座その4

スタッフィーです。
今日は大好評企画第4弾

「運動を行うダイエットの注意点」

運動するダイエットで最も注意しないといけないことは
「汗をかく=ダイエット」ではないということです。

汗は水分です。運動の結果熱くなった体を冷ます為の生理現象です。
汗をかけばかくほど痩せる気になりますが、直接的な関係は全くありません。
実際汗をかくと体重は減ります。しかし汗と同量の水を飲むと体重の元に戻ります。
(汗をかくということは新陳代謝が活性化しています。そういう意味でのダイエット効果はあります。)

では効果的に運動でダイエットする場合、何を基準にすればいいのでしょうか。
それは「心拍数」です。
なぜ心拍数が重要なのでしょうか。

まず、運動で心拍数が上昇するメカニズムを説明します。

「運動する」ということは、筋肉を収縮させることです。
筋肉を収縮させるにはエネルギーが必要です。
エネルギーを得るためには脂肪等を分解(燃焼)する必要があります。
脂肪を燃焼するには酸素が必要です。
酸素は血液に混ざって身体中に送られます。
心臓が一回の鼓動で送る事の出来る血液量は決まっています。
運動に応じて多くの血液を送るためには回数を増やすしかありません。
これにより心拍数が上昇します。

つまり、運動して心拍が上がるという事は脂肪を燃焼しているサインなのです。
逆に運動しても心拍が上がってない場合、それは脂肪が燃焼出来ていない(通常の血液量で賄えるレベルの運動)ということなのです。

年齢や目標とする運動量等によって目安となる心拍数は異なりますのであくまで「平均的に」と考えていただきたいのですが
運動にはだいたい120bpm(1分間の拍動数)前後が適していると言われています。

ちなみに運動中に1分間数える事は難しいですが
携帯のアプリや、心拍を計る機器も沢山ありますのでこれを片手に運動してみるのもいいと思います。

また、脂肪は運動をして20分間は燃焼されず(脂肪以外を燃焼)、それ以降に燃焼されるとも言われていますのでそこも注意しましょう。

次回のダイエット講座はまだ考えていません。
何にしましょう・・・・・

採用の可能性

遅くなりましてスタッフィーです。
今回は求職者様向けの内容を一つ・・・・

例えばここにハローワークに求人を出している企業と求人広告やネット媒体に出している企業の二つがあるとします
条件等は全て同じだった場合、どちらに応募したほうが採用になる可能性が高いでしょうか。

 

答えは断然後者の求人広告等に出している企業です。
それはなぜでしょう・・・・。

答えは簡単。理由は様々ですが、お金をかける必要があるからです。

ハローワークへ求人を出す上で様々な手続きは必要ですが、基本的に料金はかかりません。

しかし求人広告等はピンキリですが、費用がかかります。
当社求人情報STAFFももちろんかかります。

もちろん両方出される企業もあります。しかし急いでいればいるほどこういった求人広告で出される場合が多いです。
さらに言うと掲載サイズが大きかったり掲載期間が長ければ長いほど急いでいる場合が多いです。

これを見て頂いている方は求人広告を見られているとは思いますが
求人広告に載っている企業ほど狙い目ですぞぉ

※一部修正させて頂きました。

有効求人倍率が当てにならない理由その3

皆様お待たせしましたスタッフィーです。
さて数回に渡ってお送りした有効求人倍率ですが、今回で最後になります。早速行ってみましょう。

当てにならない理由その③「1人の募集に対して複数の求人を出す場合があるから」
これは企業側の話になるのですが、任せたい業務は沢山あるが、後1人いれば既存の従業員と回して何とかやっていける。となった場合、本当は1人の募集なのに複数の求人を出す場合があります。
複数出したほうが求職者の目にも止まりやすいですし、パソコン等で検索した時も引っかかりやすいです。

もちろん出している求人全てにその人数づつ必要な場合もありますので、募集求人が多いからそれに該当するというわけではありませんので・・・・

ここまでをまとめると、有効求人倍率は
『ハローワークに出している求人のみで、ハローワークに登録している求職者を基に算出して、求職者、企業の希望は考慮されておらず、求人の数だけ採用するかわからない値からの数字』
となります。

また、そこまで大きい要因ではありませんが、この他にも当てにならない要因は複数あります。
興味ある方は調べてみて下さい。

ですが、これはあくまで有効求人倍率の値を顕著に評価した場合です。
冒頭にお話した通り、2017年2月には山陰両県とも1.6倍を越えていますが、この値を求職者一人に対して1.6個の求人があると評価してはダメなのです。

簡単に言ってしまうと「何だかわからない通知が1.6倍になった」と考えたほうがいいです。
それに伴い、これまでは何倍だったのかも重要です。
数ヶ月の内に1.6倍が0.9倍になれば景気が悪く逆であれば景気が回復したといえます。

また、有効求人倍率があがると少なからず求人業界が盛り上がっているといえます。
求職者、企業共にその数字どおりにはならないにしても有効求人倍率が低い時より、高い時に求人を出したほうが効果は高いでしょう。
以上になります。
尚、あくまで私スタッフィーの見解ですので100%合っているとは限りません。あしからず