お役立ち情報

雇用形態の違いを知っていますか?

求人票を見るとさまざまな雇用形態があることがわかります。
雇用形態の違いは企業内での立場や働ける期間、労働条件と関係があり、ライフスタイルにも大きな影響を与えるだけでなく、 理解不足から労使間のトラブルに発展する事もありますので、その違いをよく理解しておく必要があります。
正社員
求人企業との間で雇用期間を特に定めない(常用雇用)で働く形態。通常、社員と言えばこの形態が一般です。
契約社員
あらかじめ働く期間を定めて求人企業と雇用契約を結ぶ雇用形態。
一般的に1年契約が多いですが、労働基準法では3年までの契約を定めています。
契約期間だけでなく、給与や勤務時間、仕事内容などを個別に決める為、社員とは異なるケースが多いです。
常用型派遣
派遣元企業と常用の雇用契約を結びますが、働く場所は派遣先企業となり、仕事の指揮命令は派遣先企業から受けます。
派遣先の仕事が終了しても、派遣元企業との雇用関係は継続したままなので次の派遣先で働きます。
登録型派遣
派遣元企業に登録し、派遣先が決まった時に登録した企業と雇用関係を締結して派遣先企業で働きます。
常用型派遣と異なり、派遣先での仕事が終了すると雇用関係も消滅するのでその時点で退職となります。
次の派遣先が決まるまで無職の状態になります。
紹介予定派遣
将来(原則6ヶ月経過後)、派遣先企業と直接雇用契約を結ぶことを前提に派遣される形態です。
派遣先で直接雇用契約が結ばれる場合は派遣元企業との雇用関係は消滅します。
アルバイト・パート
契約期間は一定期間ごとの更新の場合と、期間の定めのない場合があります。
給与はほとんどの場合時間給です。
ただし、アルバイトパートであっても労働関係法令は社員と同じように適用されるので条件を満たせば各種保険にも入れます。
請負とは?
派遣と混同しがちなのが「請負」です。
「請負」は業務受託した企業と雇用契約を締結し請負先企業で働きますが、派遣と違って指揮命令は雇用関係のある受託企業から受けます。
この場合の雇用形態は正社員や契約社員など様々です。