お役立ち情報

社会人のマナー -名刺の受け渡し編-

お客様と会うとき、相手は必ず名刺を用意してきます。
名刺は社会人にとっては会社の社員証明書です。
つまり名刺を粗末に扱うということは、相手の会社と、担当者を粗末に扱うということなのです。
ココちゃん
■起立して受け取る
相手の名刺を受け取るときは、座っていても必ず起立します。
■両手で受け取る
名刺は、会釈しながら両手で受け取ります。
その際、相手の名前表示部分に指がかからないように、名刺の端を持つようにします。
差し出された名刺を落としたり、折り曲げたりするのは大変失礼に当たりますので、丁寧に扱いましょう
■相手の氏名を確認
相手の氏名、所属部署、肩書きなどを確認します。読み方がわからなかったら、遠慮なく聞きましょう。
会話の途中で名刺を何度も見るのは失礼です。
その場で頭の中に暗記しましょう。
■会話の最中は机の上に
商談の最中は名刺を机の上に並べておいてもかまいません。
そうすれば、名前を間違えてしまうこともありません。
■置き忘れないこと
談が終わったら丁寧にしまいましょう。
頂いた名刺をその場に忘れてきてしまうことのないように気を付けてくださいね。
■名刺の裏も有効活用
もらった名刺は貴重な情報源です。
名刺の裏に、日付、相手の特長、気づいたパーソナルデータなどを書き込んでおくと、後で役に立ちます。
■名刺の管理
名刺の管理は社会人としてのパーソン管理です。
五十音順や業界別などで整理することを心がけ、いつでも活用できるようにしておきましょう。
POINT
名刺扱いのタブー
*無意味にさわる・いじる
*相手の目の前で名刺に書き込む(メモする場合は後で書き込む)
*折りたたむ
*いただいた名刺の上に書類を重ねる
*床に落とす、置き忘れる
*いただいた名刺を名刺入れにしまわず、ノートや手帳にはさむ